「エタノール」は、比較的広く知られている「アルコール」の一種であり
フェイスパックのみならず、幅広いスキンケアアイテムに含まれる成分です。

成分的に最も「弱い」と考えられる、「化粧水」にも配合されているものも多く
当然のことながら、「安全性」に関しては守られたものになりますが
アルコールを肌に塗布することに対して、抵抗のある方もいるかもしれません。

しかし、「必要だから」こそ含まれている成分であり
余計な心配をしないためにも、その役割をしっかり知っておく必要があります。

パック自体を守るために配合されている

スキンケアアイテム・化粧品に、エタノールが配合されている理由としては

  • 殺菌効果
  • 防腐効果

以上の2つを目的としたものと言えます。

「食品」と異なり、「賞味期限」等が分かりにくい傾向のあるアイテム類ですが
一度封を開けた瞬間から、劣化が始まることは同じことであり
また「新鮮」であることに越したことがないことも、間違いないことです。

すなわち、「そのアイテム自体」を守るために配合されているのです。

また肌への効果としては、いわゆる「引き締める」作用があり
注射等の際に塗布された経験からも、なんとなく理解されることと思います。

そして、エタノールを肌に塗布することが「悪いこと」である
肌にとって「刺激が強い」という印象を持つ方が多い理由に関しても
その「しまる」感覚が、大きく影響を与えていることになります。

アルコールを、肌に塗布する際の懸念事項としては
その<蒸発しやすさ(揮発性)>から、蒸発する際に肌の水分が奪われることで
肌が「乾燥してしまうのでは?」と、考えられている点がほとんどです。

そのため、「乾燥・敏感肌の人は避けるべき」という意見もあります。

ただし、エタノールの肌に対する効果というのは
特定の量(1%以上の割合)でなければ、影響が現れないとされており
基本的には、「アイテムを保護する働き以外はない」とも言えます。

そもそも、わざわざ「悪いイメージ」のあるエタノールを配合しているということは
「それを上回る保湿成分」が配合されている・悪影響よりも好影響の方が多いはずであり
スキンケアのメリットを、アルコールのデメリットが超えることは「ほぼない」と言えます。

エタノールを含まない美容アイテムも増えている

もちろん「絶対に安全」とは言い切れず、これはあらゆる成分に言えることですが
その成分に対して、極度に反応してしまう肌を持っている方もいるかもしれません。

特に「アレルギー反応」が現れる方は、十分に注意すべきと言えます。

昨今では、アルコールを含めてあらゆる
<余計な成分(従来は必要だった)>を含まない
いわゆる「無添加」のアイテムも増えています。

そもそもフェイスパックは、1枚1枚「密閉」されている特徴のあるものも多く
その他のアイテムに比べれば、アルコール無しでも鮮度を維持しやすいアイテムと言えます。

リーズナブルな「ティッシュ」のように取り出せるパックも存在しますが
やはり無添加アイテムには、<1枚1枚収納されている>ものが多く見られ
「少し高い」のは、「無添加」という「優しい」側面を持つ裏付けでもあるのです。