何を持って<効果がある>とするかには、様々な基準がありますが
いかなるフェイスパック・シートマスクも、<パックはパック>であり
「価格」や「配合成分」とは別の、根本的な特徴から考えた際にも
他のスキンケアアイテムに比べ、より有効なアイテムであることには変わりありません。

もちろん、<より高い方が効果的>であることは確かであり
他のスキンケアアイテムに比べて、「価格」と「品質(効果)」が
非常に分かりやすく・顕著に比例するアイテムと言えます。

こういった話を聞いてしまうと、「あまり高いのは買えない・・・」という方は
不安に思ってしまうかもしれませんが、「肌の状態」や「使用頻度」の条件
また経済的な面を考慮した際に、どれを選ぶか判断しやすいというメリットもあります。

スキンケアアイテムというのは、定期的・継続的に使用することで
より効果が現れやすいものであり、フェイスパックに関しても例外ではなく
<できるだけ>使用すべき、且つ「できる範囲」で使用すべき、と言えます。

<できる限りいいものを使う>という考えで、問題ないものであり
また、「パックを選んだ時点で、効果を心配する必要はない」と言えます。

最高レベルのアイテムには変わりない

まず、そもそものフェイスパックの魅力・有効性として
何と言っても、「(ほぼ)密閉」するという特徴を挙げることができます。

値段に関係なく、これだけの理由で「使う価値」があると言えます。

化粧水の例で非常に分かりやすいものですが、溶液を手のひらに出し
肌に塗布してから伸ばすよりも、「コットン」等に染み込ませた方が
はるかに効果的な・無駄のない使い方であることは、広く知られていることです。

<優しく・じっくり効かせる>という使い方は、その過程で

配合成分が逃げない・浸透するまで乾かない

という、非常に分かりやすいメリットが存在します。

この条件を最大限に満たすことこそが、まさにパック特有の仕様なのです。

つまり一般的なスキンケアに比べれば、パックの使用は明らかにハイレベルなのです。

そして最近では、他のスキンケアアイテムと同程度の価格で販売されており
特に「化粧水パック」に関して言えば、「50円以下/1枚」で購入できる
<ぜひ、早く使うべき>と言える、シートマスク型アイテムも増えています。

普通の化粧水を利用するよりも、はるかに効果の高いものであり
価格に関しても、実際の化粧水と差がないものも多いです。

毎日のスキンケアへのパック導入の入り口として、ぜひおすすめです。

確かに価格によって効果に違いはあるが

しかしながら、やはり最も気になることとして・・・
「同じパックなら、値段によって差はあるんでしょ?」ということだと思います。

ある程度の「目安」として、1枚につき

  • 500円以上・・・特別感覚が味わえるパック
  • 1,000~2,000円・・・ちょっといいパック
  • 2000~3000円・・・見極めが難しいが基本的に高品質
  • 3,000~・・・超高品質パック

おおまかに、こういった基準を設けることができ
冒頭でも述べた通り、<高いものの方がいい>ことがある程度はっきりしています。

中には「5,000円/1枚」というパックも珍しくなく
このレベルであれば、自他ともに確実に変化が確認できるはずです。

特に年配の女性に向けた「エイジングケアパック」は、高価なものが多く
その理由は言うまでもなく(事実として)、年をおうごとに肌は衰えていき
それ相応の・相応しい、より高品質なものを使う必要があるためです。

しかしながら、最初から高いものを使う必要もなく
「安いパック」と聞くと、<そんなに意味がない>と思う方も多いかもしれませんが
繰り返しになりますが、他のアイテムに比べれば効果の高い・価値のあるものと言えます。

無理なく・納得して使い続けられるものを選ぶ

1枚につき20円~5000円と、非常に価格の差があるフェイスパック・シートであり
基本的に価格に比例する内容になりますが、やはり「コスパ」が高いものを利用するべきであり
そのためには、<自分の肌の質・状態>に合ったものを探し出す必要があります。

ドラッグストアから、ネットショップ、通販サイトを含めれば
膨大な数の種類が存在するため、ぜひ<試しながら探す>ことを楽しんで欲しいと思います。

そしてその際にも、一般的なドラッグストア等で手に入る
<1枚あたりの価格が中途半端なパック>ではなく、

  • 単品注文のできる高品質パック
  • 継続購入でよりお得になるパック

いずれかを選ぶことで、「調査」や「実感」といった面から
メリット・コストパフォーマンスが高くなるといえます。

ただし、デパート・ドラッグストア・ネット販売等
様々な<買い方>をすることも大切であり、焦らず1つ1つの効果を確認していきましょう。