「ペンチレングリコール」という成分に関しては、
もしかしたら、ほとんどの方がご存じないかもしれませんが
目立たないながらも、非常に「万能」な役割を持っており
肌とアイテムそのものに対し、非常に大きな働きを成す成分です。

「多価アルコール」と呼ばれる、アルコールのカタチの一種であり
「保湿剤」としては、「グリセリン」に似た特徴を持ち
同時に併せ持つ「抗菌作用」に関しては、「エタノール」に近いと言えます。

お肌のためだけでなく「アイテムそのもの」のため

ペンチレングリコールが、画期的な成分として重宝される理由として
上記したように、保湿力によって肌を守り、アイテムを菌から守ります。

更に「べたつきが少ない」という特徴、また水と油の両方に溶けることも
スキンケアアイテムだけでなく、様々な商品に利用される理由と言えます。

「添加物」と言えるかどうかは、とらえ方によって異なりますが
「無添加」となっているアイテムにも含まれることもあり
他の添加物を使用しない代わりに、ペンチレングリコールを利用するアイテムも見られます。

特に防腐剤である「パラベン」の代わりとして、利用されることが多い成分です。

つまり<パラベンよりはいい>と、結論付けているメーカーが多いのです。
(パラベンに関しても、もちろん安全性が確立された成分です。)

ただし、いずれにしても<1枚ずつ小分けにされた>フェイスパックに関しては
もともと空気に触れるリスクが少ないため、最近では配合されていないことも多く
また配合されていたとしても、微量であることが多いと言えます。

「本末転倒」とならないように注意が必要な場合も

基本的には、配合されている時点で「安全性」は立証されています。

そのため、あらゆる配合成分に関してそれほど神経質になる必要はありません。

しかしながら、ペンチレングリコールに関しては
他の成分に比べ、ややアレルギー性が高い成分であり
<肌に合う・合わない>の差が、大きいこともまた特徴と言えます。

長きにわたって、多くの化粧品類に配合されている成分であり
「大丈夫なら、大丈夫」とも言える存在になりますが
アイテムの使用後に、「肌に合わず、逆に敏感肌になってしまった」という場合には
このペンチレングリコールに対する、アレルギーを持っていたと考えられることも多いです。

フェイスパックは、そのその特徴からも
配合されている成分が、非常に効果的に働きます。

ペンチレングリコールに限ったことではありませんが
「自分にとって、悪い働き」に関しても、増強されてしまう可能性も
しっかりと考えて、特別な時間だからこそ意味のあるものにしましょう。